FC2ブログ
7月27日稲沢相談会のご案内
2019 / 06 / 18 ( Tue )
相談会チラシ(010727)
スポンサーサイト
23 : 45 : 17 | 未分類 | コメント(0) | page top
高校生活
2019 / 06 / 04 ( Tue )
早いもので、入学から2カ月が経ちましたが、ゆうきは、毎日楽しく高校に通っています。
ゆうきの近況を簡単にまとめてご報告します。

~無遅刻、無欠席(*^^)v~
ゆうきは、毎朝8時頃に家を出て行きます。
学校が近いため、朝は家族の中では家を出るのが一番遅くなることが多く、みんなが出かけた後、時計を見て8時になるとひとりで自転車に乗って出かけて行きます。
時間になるとちゃんと出て行くようで、今のところ(たぶん)無遅刻、無欠席です。
帰りの時間は日によってまちまちですが、部活で帰りが日没後になるときも、ちゃんとひとりで自転車に乗って帰ってきます。
先日、家族の中で一番帰りが早い日がありましたが、自分で玄関の鍵を開け、着替えなどを済ませて、リビングで宿題(漢字の書き取り)をやっていました。
毎日自転車で往復しているせいか、自転車をこぐスピードもずいぶんと速くなりました。

~寄り道、覚えました(^^)/~
先日、通学途中にあるコンビニで、学校帰りにポテトチップスを買って帰ってきました。
ちゃんとお金を払ってきたか心配しましたが、コンビニのビニール袋にはちゃんとレシートも入っていました。
ゆうきがひとりで買った初めての買い物です。
ちなみに、ゆうきの好物はポテトチップスとスーパーカップ(アイス)です。

~中間テスト、がんばりました~
5月下旬にあった最初の定期テスト。入試の際に認められた、問題文のルビ振りと問題用紙・解答用紙の一体化は、こちらからあらためて申し入れるまでもなく、全教科で実施していただけました。
数学、国語、英語、社会、理科がそれぞれ2教科ずつに分かれていて、全部で10教科あるうち、10点以上取れているものが4つもありました。
一生懸命元素記号をおぼえた化学は16点でした。喜んで持ち帰ってきた答案用紙には、ゆうきが自分で書いたこんな付箋が貼ってありました。
「お父さん、16点」

~部活が始まりました~
部活はサッカー部とレスリング部に入りました。
火、木、金がサッカー部、月、水がレスリング部で、週末は状況に応じてどちらかに参加という形です。
最初はサッカー部に入るつもりでいましたが、レスリング部の顧問と外部指導者の方がゆうきのうわさ(?)を聞き、「ぜひ」と声をかけてくださったので、レスリング部にも入ることになりました。
親としては、どちらも中途半端になってしまうのでは…、という心配もありましたが、ゆうき自身の「どっちもやりたい」という意思を尊重して、まずは兼部という形でスタートすることになりました。
いろいろな人たちと関係を築き、いろいろなことを経験しながら、高校生活をエンジョイしていってくれたらいいな、と思います。

~経過も順調です~
4月で脳腫瘍の手術から2年が経過しました。
直近の定期検査の結果は「異状なし」。経過は至って順調です。
昨年の夏に中学の部活が終わって以来、大きくなる一方だったお腹まわりも、高校の部活が始まって少しずつ締まってきたような気がします。

00 : 23 : 53 | 未分類 | コメント(0) | page top
5月25日稲沢相談会のご案内
2019 / 04 / 07 ( Sun )
5月から、稲沢相談会再開します。
ぜひ、気軽にお越しください(^^)/

相談会チラシ
22 : 50 : 20 | 未分類 | コメント(0) | page top
スパイク
2019 / 04 / 06 ( Sat )
高校に入ったら、部活は何をしたい?
何部に入りたい?
本当にそれでいいの?
何度聞いても、ゆうきの答えは変わりません。

「サッカー部」

高校のサッカー部って、中学よりも相当レベルが高くなるし、
高校生になると、みんな体格も体力も圧倒的な差があるし、
学校説明会の部活紹介では、サッカー部のキャプテンだけ「やる気のない奴は来るな!」みたいな厳しいことを言ってたし…(-_-;)
だいたいサッカー部って、いわゆるガラの悪い子が集まってる場合が多いし…
顧問(監督)だって、どんな人か全然わからないし…

と、心配は尽きないものの、
ゆうきが「やる」と言っている以上、迷う理由はありません。

というわけで、今日、早速新しいスパイクを買いに行ってきました。

高校でもがんばれ! ゆうき、ファイト!(^^)/

スパイク
















23 : 48 : 33 | 未分類 | コメント(2) | page top
2019 / 04 / 06 ( Sat )
この週末、気温が20度近くまで上がり、
近所の桜も満開を迎えようとしています。

2年前は毎日泣きながら眺めていたこの桜並木、
今日は、出来上がったばかりの制服を着て、
満開の桜の下、希望と喜びに満ちた笑顔で写真を撮りました。

明後日は、いよいよ高校の入学式です🌸

制服




23 : 02 : 28 | 未分類 | コメント(0) | page top
ゆうくんの妹(15)
2019 / 03 / 20 ( Wed )
まゆの小学校の卒業式は3月20日。
在校生を代表してピアノの伴奏をするまゆは、卒業式の前日にリハーサルがあるため、ゆうきの高校の合格発表に、どうしても立ち会うことができませんでした。

ゆうきと私たちは、合格発表の後、まず高校の校長に挨拶を済ませ、
午後から中学校へ合格の報告と合格通知書の受け取りに行き、
その後、県教委へお礼の挨拶に出向きました。
だから、まゆが帰って来る頃は家には誰もおらず、私たちは結果を知らせる置手紙を置いておきました。

「まゆみへ ゆうくんは高校に合格したよ!!(^^)/」

夕方、携帯電話が鳴りました。
電話の向こうから、まゆの声が聞こえてきます。
朝からずっと、気が気ではなかったのでしょう。
ゆうきの声を聞くとすぐに、まゆの声は嗚咽に変わりました。
電話の向こうで「おめでとう、おめでとう」と繰り返しながら大声で泣き叫んでいました。
まゆのうれし泣きに、私たちもつられてもう一度泣きました。

この幸せを、ありがとう。
すべてのものに感謝したい気持ちです。

00 : 02 : 37 | 未分類 | コメント(0) | page top
サクラ咲く🌸
2019 / 03 / 19 ( Tue )
🌸サクラ咲きました!!🌸🌸🌸🌸
ゆうき、第1志望の全日制高校に合格しました!!
みなさんの応援のおかげです。
ありがとうございました(^^)/

IMG_20190319_101042_20190319111402.jpg
23 : 27 : 08 | 未分類 | コメント(2) | page top
入試
2019 / 03 / 07 ( Thu )
一昨日終わった卒業式の余韻に浸る間もなく、今日はゆうきの公立高校入試一日目。
さすがのゆうきも緊張のせいか、朝食のごはんをいつもの半分くらいしか食べませんでしたが、あとはいつもどおりに着替えや食事、歯磨などを済ませ、毎朝聞かせてくれる「お父さんも、お仕事がんばってね~っ(^^)」のセリフもいつもどおりに…、
自転車に乗って笑顔で出かけて行きました。

朝8時に受検校に到着し、お昼を挟んで午後3時まで、5教科の学力検査を無事に終えて帰ってきました。
送りも迎えも校門までで中にはついて行かなかったため、受検時の様子はわかりませんが、3時半頃、校門で待っていた妻から私のスマホに電話がありました。
何事かと慌てて電話に出ると、ゆうきの大きな嬉しそうな声が聞こえてきました。
「がんばったよー(^^) 試験がんばったよー(^^) 問題よく読んで書いたよー(^^)」

2月に提出した受検時の配慮申請は概ね認められ、試験問題のルビ振りと問題用紙・解答用紙の一体化などを実施してもらえたので、ゆうきも安心して試験を受けることができたのではないかと思います。

明日は、二日目の面接試験。
基本的な受け答えは、中学校で配付された手引きを参考に、これまで繰り返し繰り返し練習してきました。あとは、ゆうきの思いを、とびきりの笑顔と一緒に高校の先生たちにぶつけるだけです。

どうか、ゆうきの思いが先生たちに届きますように。
ゆうきの願いが叶いますように。
23 : 25 : 41 | 未分類 | コメント(0) | page top
心配しなくていいから
2019 / 03 / 07 ( Thu )
あなたたちも、本当は不安なんだよね

0点の子が高校に入るなんて
前例がない
世間の理解がない
不公平だと非難されるかもしれない
高校生活を送るイメージが描けない
これといった設備も人員もない
進級して卒業できるとは思えない
そもそもこういう子と付き合ったことがないから
高校に入ることにどういう意味があるのかよくわからない…

以前は私も不安だった
内心は不安でいっぱいだった
12年前この子が保育園に入る時
9年前この子が小学校に入る時
3年前この子が中学校に入る時

友だちはできるだろうか
いじめられたりしないだろうか
つらい思いはしないだろうか
先生たちはちゃんと向き合ってくれるだろうか…

でも、そのたびにこの子が教えてくれた
心配しなくていいよ
ぼくは大丈夫だよって
ここには友だちがいっぱいいて
楽しいことがいっぱいあるんだって
ぼくにもできること、学べることがいっぱいあって
やりたいこと、学びたいことがいっぱいあるんだって
いつも、この子が教えてくれた

そして、わたしたちに気付かせてくれた
学校が、こんなに楽しい場所だったんだってこと
学ぶということが、こんなに豊かなものなんだってこと
この子に教えてもらうことが、こんなにいっぱいあったんだってこと

今、心から思う
この子と出会えて、本当に良かった
この子とみんなが出会えて、本当によかった

だから、あなたたちも、心配しないで
必ず気付くから
絶対にわかるから
この子と出会えてよかったと
思う日が必ず来るから
わたしたちが保証するから

だから、どうか
あなたたちとこの子の
みんなとこの子の
かけがえのない出会いを
奪わないでください



23 : 19 : 39 | 未分類 | コメント(0) | page top
ゆうくんの妹(14)
2019 / 01 / 27 ( Sun )
公立高校の入試まで残り1か月余り。
私立高校の入試までは10日を切りました。

これまで、志望校の説明会や体験入学、個別懇談会などには何度も参加し、ゆうきの学校生活や高校への意欲などを可能な限り伝えてきました。
冬休みには正月返上で勉強や宿題に取り組みました。
過去問も購入し、最近は面接の練習も始めました。
先日、県教委にも受検上の配慮の要望書を提出しました。

ゆうきの高校入学という当たり前の希望を叶えるために、親としてもできる限りのことをしてきたつもりですが、本番が近づけば近づくほど、どうしても不安は膨らんできます。
この子のことを、高校の教員や教育委員会の担当者たちはどれだけ理解できるだろうか。
これまで当たり前に踏襲してきた前例や無意識の差別から、一歩を踏み出せるのだろうか。
そもそも、志望校は定員割れになるのだろうか…


でも、やっぱり、妹のまゆだけは違うようです。
今日の夕飯の時、話題がゆうきの高校受検の話になると、まゆはハンバーグを頬張りながら、ごくごく当たり前のことのように、こう言いました。

「ゆうくんが合格しないわけないじゃん。
だって、ゆうくんほど勉強好きな子っていないよ。
わたしは勉強大嫌いだけど、ゆうくんは本当に勉強が大好きだもん。
世界でも3本の指に入るぐらいだよ。きっと(^^) 」

ゆうきの世界一の理解者は、
4月からゆうきが高校生になることを、一ミリも疑っていないようです。


22 : 14 : 10 | 未分類 | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>